トップ >> 負担の少ない矯正治療

矯正治療の実態について

矯正治療はワイヤーやブラケットなどを装置を歯につけることで歯を動かし、歯並びを整えるものです。歯並びがよくなると顔の印象を良くしてくれます。しかし歯を動かすので痛みが辛く治療をためらう人も多いのです。しかし矯正治療中の痛みとはワイヤー交換した直後1週間程度であり、次第に痛みを感じず慣れるのです。また歯の表面につけるワイヤーやブラケット装置に抵抗感を持つ人も多いものですが、最近は歯の裏に装置をつける治療法も確立されているのです。歯並びにコンプレックスのある人は一度歯科医に相談してみると良いでしょう。

歯科における初期の虫歯の治療

歯科において行われている虫歯の治療はその進行度合いによって異なります。このうち、もっとも初期段階の虫歯においてはまだ歯に穴があいていない段階であることから削ることやレジン製の詰め物を使用しなくとも治療することが可能です。つまり、歯みがきなどを細かく行うことによって歯の健康状態を維持することで歯の再石灰化を期待することができます。そのため、歯科においては正しい歯磨きの方法の指導などが行われます。また、定期的に健診を受けてその後の経過観察が行われます。